小泉羽純~サブカル姉ちゃんの戯言

映画、ロック、東京の街、80年代サブカルチャー、歌謡曲、懐かしの女性アイドル、食べ物、本、労働、ミュージカル、お色気姉さん、色々書いちゃうよ~

ハロルドとリリアン

「十戒」でモーゼが

海を割るシーン

ヒッチコック「鳥」で

逃げまどう生徒を

鳥が襲うシーン。

「卒業」でミセス・ロビンソンが

ベンジャミンを誘惑するシーン。

全てはハロルドの絵コンテから

出来た名シーン。

ハロルドとの愛の物語を

映画リサーチャーで

ハロルドの妻リリアンが語る…

          

こんな夫婦がいたのか…

100本以上の作品に

携わりながら

クレジットされた数は

僅かだという…

木炭とインクで描く絵コンテが

懐かしい名画と共に

動き出す!

映画好きには、いても

たってもいられない作品だ。

こんな夫婦でありたい。

映画の中の話して

終わらせたくない!

↑最後は個人的な感情。

失礼(苦笑)

★★★☆

  1. 2017/06/17(土) 00:09:41|
  2. 映画
  3. | コメント:0

シーフードレストランCCB

恵比寿の隠れ家でランチ

シーフードというより

アジアンテイスト。

サラダバーオンリー880円で

チャプチェ、野菜炒め

パパイヤのサラダ

トムヤンクンヌードル。

自分で作るからフォーも大盛り(笑)

お腹いっぱいになるので

メインは頼まなくて正解。

紅茶やデザートも。

天井高く内装も素敵☆

心も身体も心地よい(´▽`)ノ

  1. 2017/06/16(金) 00:03:43|
  2. 食べ物
  3. | コメント:0

あゝ恵比寿

そうあれは昨年8月。

酒類販売資格者研修に

行って以来の恵比寿。

水曜は暑すぎず寒すぎず

ちょうど良いお天気

ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

静かでベンチも

沢山あるから

ゆったりのんびり~

清々しいぞー♪

  1. 2017/06/15(木) 00:00:29|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

あゝ新宿

早稲田大学演劇博物館で

開催された展覧会の

第2弾が新宿にやってきた。

無料だったので

フラリと立ち寄る。

展内には新宿ピットインを

意識したジャズが流れ

60、70年代に盛んだった

アングラ劇団の

膨大な量のチラシ。

モノクロのストリート写真は

スクラップブック風に展示。

熱かった新宿に酔いそうだ!

タイムスリップを

味わいつつ

東京の街が好きだ!と

叫びたくなる…

        

7月2日まで

新宿高野本店ビル6階

  1. 2017/06/14(水) 00:08:11|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

東急ミュージックライブ2017

今年は国分弘子さん

プロデュース。

ゲストは大友康平さん

渡辺美里さん。

招待でありながら毎年

興味そそる

見応えのあるライブなんですが

今年も

見事にハズレてしまいました(´`)

  1. 2017/06/13(火) 00:02:46|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

カオス

夕刻の公園。

ベンチには

男の子の上に女の子が

乗っかってる高校生カップル。

その前のベンチでは

爺さんと婆さんが

ウクレレを弾きながら

「いとしのエリー」を

唄っている…

おやっ?曲が

「勝手にシンドバッド」に

なったぞ!!夏なのね~

姉ちゃんの心の声は

誰かアナーキーでも

ブチかましてくんねぇかなあ…

つぅ(笑)

       

今週も宜しくお願い致します(o^-^)

  1. 2017/06/12(月) 00:07:03|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

美佐子は視覚障碍者向けの

映画の音声ガイドの

仕事をしていく中で

弱視のカメラマン

雅哉と出会う。

彼の出現が単調な日々を

送っていた美佐子を変えていく…

           

眩しい程の木漏れ日

陽射しの美しさ。

この作品の魅力は

いつもの河瀬ワールド

だけではない。

ボランティアの方達と

作り上げる音声ガイドの現場と

劇中映画の進行と共に

歩み寄る美佐子と雅哉の

距離。

今までにない視点。

やられた…である。

        

私事になるが

何気ない日常の会話も

自分の感情や先入観で

口にしてしまう事が多い。

それは必ずしも良いこと

ではないと言うことを

改めて考えさせられた。

★★★★

  1. 2017/06/11(日) 00:01:50|
  2. 映画
  3. | コメント:0

アナーキー マリさん死す

ロックバンド

アナーキーのギタリスト

マリさんがお亡くなりになった。

          

アナーキーがデビューしたのは

私が中学生だった頃。

私がロックに目覚めたのは

10代の終わり。

そこから、ありとあらゆる

ロックの本を読み

音を聴き開拓していく。

発言が自由になった頃の

小泉今日子さんが

アナーキーの話をしていて

余計に興味が湧いた。

8年前にアナーキーの

ドキュメンタリー映画が

レイトショーで公開され

やっと彼らを知る。

文句なく格好良く

日本にこんなバンドが

いたんだ!と

心がざわついた。

日活ロマンポルノに

アナーキーの

ロフトライブが写る

作品があり

それも観に行った。

とりわけ時代の先を行く

マリさんの行動やファッション。

魅力的な人だなと。

気になる人とは

このような感情を言うのだろう…

自分が生きてるうちに

マリさんのいるアナーキーの

ライブが観たかった!

本物に会いたかった。

訃報を知った日

私はションボリした…

         

ご冥福をお祈り申し上げます…

  1. 2017/06/10(土) 00:00:22|
  2. ロック
  3. | コメント:0

交番の前で何十年も見た人

逮捕された

指名手配犯の事ですが…

私が3歳の頃から

いつも写真のあった人。

こんな昔の写真じゃ

誰も判らんだろう…

どうやって生きてるんだろう?

生きてたんですね…

45年か…

  1. 2017/06/09(金) 00:00:18|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:1

ガブリ第2弾!

分厚いポークステーキ!

登場するまで30分。

ガッツリ食べて

体力補給!

戦場で闘う為に…

(本当に仕事場が戦場なのよぅ~)

  1. 2017/06/08(木) 08:28:36|
  2. 食べ物
  3. | コメント:1
前のページ 次のページ