小泉羽純~サブカル姉ちゃんの戯言

映画、ロック、東京の街、80年代サブカルチャー、歌謡曲、懐かしの女性アイドル、食べ物、本、労働、ミュージカル、お色気姉さん、色々書いちゃうよ~

ギャル像

渋谷109の2階にあるので

ギャル像。

  1. 2018/06/10(日) 00:03:21|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

万引き家族

スカイツリーの見える町の

平屋の家に住んでる

6人家族。彼らの生活は

祖母の年金と万引きで

成り立っている。

実は、この家族……

          

ここまではニュース番組

などで解説している

内容なのですが、今回あえて

それ以上は書けません!

自分の目で観て

確かめて欲しい作品だからです。

そして万引き主体の映画ではありません。

真の家族とは…生活…生業…本能…

ありのままです。

映画の中の話でしょ?

そんなレベルじゃない。

1秒たりとも目の離せない

ストーリィはラストまで。

脚本、演出、編集、音楽、配役

役者陣1人1人が役にはまり込み

見事な演じっぷり。

カンヌ云々で持ち上げている

訳ではありません!!!

素晴らしい。

この一言に尽きます。

★★★★★

  1. 2018/06/09(土) 00:30:10|
  2. 映画
  3. | コメント:0

中継

1日1回更新のブログですが

本日はイレギュラーで。

水曜にチケットを

手配した時はガラガラ

だったのですが、満席です。

今から劇場入ります(^_^)ノ

  1. 2018/06/08(金) 15:51:33|
  2. 映画
  3. | コメント:0

本日公開!

手配してありまーす!

絵柄付きムビチケは完売。

元々、人気作でしたが

カンヌで一気に

売れてしまったそう(・∀・)

そのため味気ない印刷チケット。

  1. 2018/06/08(金) 00:03:13|
  2. 映画
  3. | コメント:0

美容に疲れる

水曜の休みは

ビューティデイと題し

場所移動ありの睫毛パーマ

デジタルパーマだったのね。

寝たり、椅子に座ってる

だけなのですが

動けない姿勢で拘束

4時間半は結構疲れます…

仕事をしている方が

良かったりして( ̄△ ̄)

  1. 2018/06/07(木) 00:00:04|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:4

ダリダ あまい囁き

容姿端麗、美声

出す曲は世界的大ヒット。

自由奔放な恋愛をするも

夫、恋人3人が自殺。

本人も「人生に耐えられない」と

54歳で自死したダリダの

生き様を描く…

         

ハスキーでありながら

いつまで聴いていたい

伸びのある歌声はシャンソン

ジャージー、ポップ

ディスコとジャンルを問わない。

だが私生活は美輪明宏さん

言うところの正負の法則を

請け負ってるスター。

半生のみを追えば

観ている側も立ち直れなく

なってしまうであろう…

だが24曲に及ぶダリダの

楽曲の使い方がエピソードと

シンクロしストーリーテラーの

役割を果たす。

想像以上に素晴らしい作品。

★★★★

  1. 2018/06/06(水) 00:10:40|
  2. 映画
  3. | コメント:0

マスコミ発表会

マックの裏メニューって

いつもの食材の組み合わせを

変えるだけで斬新さが

無いのでは?

まかない飯みたいな

裏メニュー頼むぜ~

それにしても

凄い数のマスコミ!!

二子玉川ライズにて

  1. 2018/06/05(火) 00:05:44|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

明るい19時

夜とは思えません…

冬場なら誰も居ないこの時間。

友達と喋ったり

犬のお散歩をしている人が沢山。

日が長くなりました(^_^)

梅雨入りの週の始まり~

今週も宜しくお願い致します!

  1. 2018/06/04(月) 00:03:56|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

ビーフン東

新橋の駅ビルにあります。

1回目 定休日

2回目 臨時休業

3回目 ランチタイム終了

てな訳で来訪4回目にして

やっとありつけた次第。

野菜焼きビーフン大盛り。

混ぜてあるんじゃなく

白ビーフンに炒めた野菜が

乗っかってます。

味は濃くないけど

ビーフンを食べた感に満足。

東さんは大きな粽が名物で

殆どの人は五目汁ビーフン小と

粽のセットを食べてます!

次回、私も食べたいですσ(^◇^;)

  1. 2018/06/03(日) 00:00:39|
  2. 食べ物
  3. | コメント:2

ゲティ家の身代金

1、4兆円の資産を持つ

大富豪のゲティの孫が

誘拐された…

離婚で一族を離れた母親は

50億円の身代金を用意するため

ゲティに交渉するが…

1973年に起きた実話を

基にしたノンフィクション。

           

子供の頃に読んだ昔話に

紙に手紙を書くのが

勿体なく落葉に書こうとするが

それも勿体なく使用人の

背中に書いたと言う

話があった…。

何が言いたいのかと言うと

ゲティは、それぐらいの

ケチなのである。

未解決事件の犯人捜しでは

無いのでストーリーは呆気ない。

見所は犯人というより

ゲティと母親の交渉心理戦。

★★★

  1. 2018/06/02(土) 00:32:38|
  2. 映画
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ