小泉羽純~サブカル姉ちゃんの戯言

映画、ロック、東京の街、80年代サブカルチャー、歌謡曲、懐かしの女性アイドル、食べ物、本、労働、ミュージカル、お色気姉さん、色々書いちゃうよ~

モアナと伝説の海

女神の心が奪われた

闇の世界。

幼い頃、海から選ばれた

モアナは成長し

島を守る為航海の旅へ。

タラおばあちゃんの応援と

相棒マウイとの苦難の旅…

            

雪の世界も良かったが

海の世界も、これまた良し。

女の子が勇気を持って

立ち向かう勇敢さ!

ディズニーお決まりだが

ユーモアと愛すべきキャラクター。

春休みにピッタリの作品♪

★★★★

         

ここで姉ちゃんが

ディズニーを観る時の鉄則(笑)

①ディズニー作品は

いつも字幕版で観る。

午後の時間の

字幕版の劇場は少なく

いつもブッキングに苦労。

でも字幕版がいいのだ!

            

②最後の最後まで観る。

お城に花火がバーンと

流れるENDが好きだから。

東映の波を超えたね(笑)

↑ ↑

中年にしか解んないよ💦

すんまへ~ん💦💦

スポンサーサイト
  1. 2017/03/20(月) 00:26:35|
  2. 映画
  3. | コメント:0

WE ARE X

誰もが知る

X JAPANドキュメンタリー映画。

ヴィジュアル、ヘヴィメタル

ハードロックそして熱心な

ファン向けの作品だと

思ったら大間違い。

7人の男達の真実を

知る事が出来る歴史大作である。

             

マジソン・スクエア・ガーデン

での舞台裏を追いながら

今まで明らかにされて

なかった写真。

見ることの出来なかった場所。

YOSHIKIのナレーションが

入りながらも

YOSHIKIストーリーだけでなく

現メンバー、HIDE、TAIJI

時間をたっぷりとり

納得のいく場面の連続。

1度目の海外進出と今回の差。

ステージへ挑むための

日々のメンテナンス。

彼らの「気合い」とは

煽りではなく本物であり

生き様そのものなのだ!

感極まってる暇なんかない!

おこがましいけれど

共に走り続けて生きたい…

★★★★★

拡散希望XXX

  1. 2017/03/15(水) 00:21:18|
  2. 映画
  3. | コメント:1

お嬢さん

詐欺団の中で

育った娘が

厳格な叔父と

蔵書の中で暮らす

世間知らずの令嬢の

財産目的で男爵という名の

詐欺師と女中として

屋敷に乗り込む…

          

1部は大逆転があり

2部では令嬢側での展開

3部では復讐劇となる。

オールド・ボーイの

監督という事で脳髄

ズドーンなストーリー

見たさで選択したのだが

叔父がド変態。

カタコトの日本語で

子役にまで淫語を

連発させゲンナリ…

観るんじゃなかったが

直後の感想。

だがね…1日経つと

女として小気味良い

爽快作だと思うようになる!

           

観る者も2転3転させるワケだ~

★★★

  1. 2017/03/14(火) 00:00:33|
  2. 映画
  3. | コメント:0

無冠の男

追悼上映始まりました。

ラインナップは

時代劇と抗争。

個人的には「蔵」を

丸の内TOEIで観たのが

思い出です…

  1. 2017/03/10(金) 00:15:55|
  2. 映画
  3. | コメント:0

愚行録

エリートサラリーマンの夫

美人で完璧な妻

可愛い1人娘の

一家惨殺事件。

週刊誌記者の田中は

関係者達の証言を

集めるのに必死だが…

         

上映後の観客から

出る言葉は

久々に暗い映画

観ちゃったなぁ…

成長過程の複雑な

環境からモンスターに

なってしまった兄妹の話だが

証言する人々も

腹の底の浅い奴ばかりで

どっちもどっち。

人間が大嫌いになります(笑)

ポジティブ精神の中にも

腹のどっかには

肝に銘じておけよ!

という事か…

バスの中のシーンで

始まり、終わる。

ヒッチコック作品を

思わせるセンスはいイイね。

この時代だから

生まれたサスペンス。

★★★

  1. 2017/03/05(日) 00:18:09|
  2. 映画
  3. | コメント:0
次のページ