FC2ブログ

小泉羽純~サブカル姉ちゃんの戯言

映画、ロック、東京の街、80年代サブカルチャー、歌謡曲、懐かしの女性アイドル、食べ物、本、労働、ミュージカル、お色気姉さん、色々書いちゃうよ~

桜速報!

多摩川の桜が咲いたよ。

今年は例年より早いかな?

春を味わう週にしたいね(^∇^)

スポンサーサイト
  1. 2019/03/19(火) 00:22:22|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:1

カミワザ!

下書きナシで1枚の紙から

カッターナイフで切り出され

全てのパーツがひとつに

繋がっている神技アーティスト

SouMaさんの

驚異の立地切り絵展へ。

羽根も

髪の毛も

鎖も紙なんです(☆。☆)

紙を燃やすのも技!

ここまで来ると

芸術や表現は無限。

身体に息吹

吹きまくってますorz

       

3月31日まで

東京ドームシティ

ギャラリーアーモ

  1. 2019/03/18(月) 00:20:03|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:1

風たちの午後

ルームメイトの美津と夏子。

美津の誕生日に夏子は

バラとお揃いのネックレスを

買って帰るが窓には

白いハンカチ。

美津の恋人が来てる合図。

美津を独占したい夏子は

恋人と別れさせようと

画策するが美津が全てを知り…

            

パートカラーと言っても

それは一瞬。ほぼモノクロ。

画質は思っていたより綺麗だし

台詞が囁くような音ではあるが

私には全て聞こえた。

水道の水の音。

生活していく上での仕草。

女同士で肩を組んで歩く…

子供の産めない女が

ベビーカーとすれ違う…

転々とするライター…

雨の滴…

繊細なシーンの鮮烈なこと!

若さゆえの残忍性

嫉妬、独占力…

人あってこそのドラマ。

これが40年前の作品であり

20代になったばかりの

監督のデビュー作となると

ただ事ではないんだな…

そして主演の綾せつこさんは

かなり可愛いし

伊藤奈穂美さんは美貌の人。

ジメジメさがなく

サラリと観られるのは

彼女達だからあり得た事では…

フィルムが蘇ってくれた事に感謝。

★★★★

  1. 2019/03/17(日) 00:10:45|
  2. 映画
  3. | コメント:0

テレビもいいけど映画もね

教師役の役者魂が

話題になっている菅田将暉氏。

秋公開になる

2019年の2本目の映画

「タロウのバカ」の

第1弾チラシ完成!!

向かって左だよね?(笑)

菅田氏の映画が

テアトル新宿でかかるのって

「そこのみて光輝く」以来。

「あゝ荒野」も

テアトル新宿で観たかった…

秋が待ち遠しい…

姉ちゃんの口癖

  1. 2019/03/16(土) 00:08:56|
  2. 映画
  3. | コメント:0

酔っぱらいの決め台詞

帰宅時の電車にて。

一人でなんか言ってる

人がいると思ったら

カップ酒を持った酔っぱらいだった…

          

派遣だけど残業してきた。

言いたい事があれば

俺がかけ合う。

1時間36分。地獄の果てまで。

みんなマスクをしている。

花粉症か…

俺が上の奴にかけ合ってやる。

1時間36分。地獄の果てまで。

  ⬆ ⬆

この決め台詞で

この人の存在が上がるのだ。

まあ、笑いが止まらないんだが…

普段、大人しくしてんだろうなぁ…

  1. 2019/03/15(金) 00:24:24|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

椿

資生堂パーラーのある

花椿通りの

椿の花が咲いてました…

当たり前と言えばそうなのですが

今更、気づいたりして^^;

  1. 2019/03/14(木) 00:03:21|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

桃?

  1. 2019/03/13(水) 00:08:52|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:1

時間の限り

タイトルには

2つの意味があります。

ひとつめは、あがいても

全ての事柄には

時間の限りがある。

ふたつめは

時間の限り懸命に取り組む。

             

昨年から一緒に

仕事をするように

なった同僚は震災で

人生が変わってしまった人です。

話を伺っていると

テレビで流れる話は

フィクションでは?

と思う程の厳しい現実…

私事では家族の老いを

感じた震災からの年月…

時間の限り

時間の限り…

  1. 2019/03/12(火) 00:11:52|
  2. サブカルチャー
  3. | コメント:0

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマンの訃報。

悲しみに暮れている

13歳の少年は新生

スパイダーマンの要素を

持ってるが、まだ力が

発揮出来てない…

そこへ死んだはずの

スパイダーマンが違う次元から

現れ共に戦う決意をする。

彼らの元に別のユニバース

から来たスパイダーマンが

集結して…

        

アニメですが

その色、色、色…

音楽とスピードが絶妙に

絡み合い圧巻!!

コミックを紐解きながらの

ストーリー展開も分かりやすく

今までで1番のスパイダーマンを

目撃してしまった。

この歳にして仲間って

いいもんだな…と

思ったりして。

色の洪水に酔いしれろ!

アニメーションを超える

アニメーションの醍醐味。

★★★★

  1. 2019/03/11(月) 00:27:32|
  2. 映画
  3. | コメント:0

翔んで埼玉

東京で結納を交わす

埼玉県人カップル。

両親と東京へ向かう車中の

NACK5で流れる話。その昔

埼玉県人は東京都民から

迫害を受けており

通行手形が無いと強制送還

されていた。

組織を立ち上げ千葉、栃木、群馬

神奈川までも巻き込み

革命を起こした勇者達の物語

であった…

         

あんなに満席の東映映画館を

アタシャ観たことが無い!

それもそのはず

さいたまんぞう氏の

なぜか埼玉が流れ

ロードムービーから

宝塚の世界➡学園モノから

時代劇➡戦国大戦となり

ヤクザの抗争➡ヤンキー参戦

成金➡スパイ

コミック、昭和魂と

壮大なスケールの笑いを

大真面目に描く物語なのだ…。

カメオ出演の芸能人の数も膨大!

来年の日本アカデミー賞が

見物だわ。何よりも

埼玉県が羨ましーっ。

★★★★

  1. 2019/03/10(日) 00:11:01|
  2. 映画
  3. | コメント:1
次のページ